蕨市 公明党 埼玉県蕨市中央5-14-15

お問い合わせサイトマップ

平成23年11月24日 公明党予算要望
一般質問の内容

6月

高橋議員

1 原子力発電所事故に係る放射能汚染について
(1) 市民の放射線に対する不安を解消するための市の対応として、市単独での放射線量測定の実施及び公表とその時期・方法について
(2) 給食で使用される食材の原産地の表記及び公表について
(3) 放射性物質の拡散に対する市の対応について
(4) 市民や学校に対する放射線の影響力を学ぶ講習会などの実施について

2 防災対策について
(1) 住宅の耐震診断及び耐震工事を強力に推進するために、市が積極的に危険地域や危険建築物をリストアップして、思い切った施策(耐震診断の無料化や補助金の大幅アップ等)を行う考えはないか
(2) 被災者支援システムの導入について
(3) 救急医療情報キット等による緊急・災害時の情報確認について

3 粗大ごみの廃棄について
(1) 蕨戸田衛生センターへの粗大ごみ自己搬入持ち込み禁止となった経緯と搬入申請件数の推移について
(2) 粗大ごみ収集手数料の値下げ実施について
(3) 粗大ごみ収集券の販売先の拡大について

4 市長選挙と市議会議員選挙について
(1) 公職選挙法に則った正しく明るい選挙に基づいて行われた今回の選挙における選挙管理委員会の対応はどうであったか
(2) 投票率アップを図るための施策について
@期日前投票所の塚越地区設置について
A期日前投票の宣誓書の取り扱いについて


大石議員

1 市長報告について
(1) 防災対策について
@
学校校舎、体育館、公共施設の耐震化工事を進めると共に、非構造部材の耐震化工事を行う考えはないか
A 市庁舎について震災の影響を鑑みて再度の耐震診断が必要ではないか
B 学校施設の防災機能についてはどこまで考えているのか
(2) お年寄りに優しいまちについて
@特別養護老人ホーム市内3カ所目の具体的展望について
A介護予防のための大人の遊具を市内公園に設置すべきと考えるが計画はないか

2 猛暑対策について
(1) クール(ドライ)ミストを小・中学校や市内公共施設に設置する考えはないか
(2) 市内公共施設におけるクールスポット(一時避難場所)の設置についてどう考えるか

3 図書館について
(1) 電子書籍導入についての本市の現在までの見解について
(2) 「子ども読書活動推進計画」の進捗状況について
(3) 過去5年間の本館・分館別の蔵書盗難についての推移はどうか


9月

大石議員

1 災害対策について
(1) 防災無線と並行して、メール配信システム・音声自動応答システムを導入する考えはないか
(2) 災害時の職員初動体制(学校・保育園を含む全公共施設)の改訂版の進捗状況について
(3) 災害時用として、教職員を含む小・中学生一人一人に安全ヘルメットを持たせる考えはないか。また、職員の安全確保と業務遂行のために安全ヘルメットを一人一人持たせるべきではないかと考える。本市の見解はどうか
(4) 災害時用非常食の中に高齢者用の介護食は入っているのか。本市としてはどのような考えを持っているのか

2 教育行政について
(1) 中一ギャップの解消や学力向上の施策として、小中一貫教育を行っている自治体が増えてきたが、本市においてはどのように考えているのか
(2) 小・中学校教員交流の効果・効用と課題をどのように捉えているのか
(3) 小・中学校教員交流の今後の展望はどのようになっているのか


高橋議員

1 防災行政について
(1) 蕨市地域防災計画について
@
蕨市地域防災計画の位置付けと国・県が検討している総合防災計画の見直し作業との整合性はどのようか
A 広域避難における支援体制として、受入可能な広域避難場所はあるのか。相互援助協定での取り扱いはどのようか
B 災害時における本市指定避難所開設の判断基準及び手順はどのようか
C 避難所運営マニュアルはあるのか
D アナログ防災行政無線の設置年時による耐久性と同報系デジタル防災行政無線の整備計画はどのようか
E 防災行政無線の停電時における機能及び緊急時の防災無線以外の情報伝達方法についてはどのようか
F 災害時要援護者支援制度の取り組みと今後の課題についてはどのようか
G 災害時の障がい者への情報伝達と避難体制についてはどのようか
H 災害時の学校施設における防災機能の確保と今後の整備はどのようか
I 小・中学校における防災教育の強化と家族防災会議の実施についてはどのようか
(2) お年寄りに優しいまちについて
@特別養護老人ホーム市内3カ所目の具体的展望について
A介護予防のための大人の遊具を市内公園に設置すべきと考えるが計画はないか

2 ゲリラ豪雨対策について
(1) 道路の冠水、床下・床上浸水など、いつも同じ箇所が被害を受けている。本市における実態調査及び対応、今後の検証はしているのか
(2) 冠水センサーの設置促進と監視システムの導入を図るべきと考えるがどうか
(3) 通行車両が立てる波で浸水する場合があるため、交通規制できる体制を作れないか。また、今後の対策としてどのように考えているのか


12月

高橋議員

1 空き家・廃屋等の対策について
(1) 空き家・空き店舗・廃屋など、市内における空き家件数及び空き家率はどうか。また倒壊の恐れのある危険な家屋について、どこまで把握しているのか
(2) 先進事例として、所沢市では空き家等の適正管理に関する条例が施行されているが、本市においても独自の要綱を設けての条例化はできないか
(3) 緊急雇用創出基金等の補助金を活用し、空き家・廃屋などの老朽化施設の実態調査と市内マップを作製しての空き家対策事業を実施してはどうか
(4) まちなか空き家情報による賃貸活用と市街地空き家・空き店舗活用支援事業の取り組みはできないか
(5) 経済的事情による空き家・廃屋への解体費用助成をする考えはないか。また、空き家・廃屋の所有者から市へ寄附の申し出があった場合の考えはどうか

2 高齢者に対する買い物支援事業について
(1) 単身高齢者及び高齢者世帯の買い物を支援する商店等の調査の実施をしたらどうか
(2) 高齢者の買い物を支援するためネット商店街、商品宅配サービスはできないか
(3) 高齢者世帯への市内宅配事業協力店リストや商品カタログ配布などの支援事業を実施することはできないか

3 自転車の安全利用、運転マナーの向上について

(1) 県の(仮称)自転車マナー条例の施行と本市の条例化の推進はどうなるのか
(2) 自転車横断が誘発した車と歩行者の衝突死亡事故による自転車運転手の実刑判決からの検証と今後の対策をどう考えるか
(3) 市内における自転車走行環境の整備(ブルーゾーン)をどのように考えているか
(4) 母と子の自転車講習と自転車運転免許証の発行などの取り組みはできないか
(5) 本市独自で「わらびマナー」を作成することや交通安全対策協議会と連携し交通ルールと運転マナーを啓発強化していく考えはないか


大石議員

1 蕨市におけるワクチン接種事業について
(1) 「子宮頸がん予防ワクチン」「小児用肺炎球菌ワクチン・ヒブワクチン」「高齢者用肺炎球菌ワクチン」それぞれの接種状況はどのようになっているのか
(2) 平成24年度における「子宮頸がん予防ワクチン」「小児用肺炎球菌ワクチン・ヒブワクチン」の接種計画の対象年齢はどのようになっているのか
(3) 「高齢者用肺炎球菌ワクチン」の接種について現在70歳以上、生涯1回としているが、これを65歳以上5年ごとにする考えはないか
(4) 4種のワクチン接種を全額公費負担とするのが望ましいと思うが、市長の見解はどうか

2 図書館運営について
(1) 利用者の来館者数と書籍・CD・DVD(ビデオを含む)の貸し出し数の過去5年の推移について
(2) 図書館ではボランティア団体の方々がどのような活動を行っているのか
(3) 図書館運営及びサービスの向上をどのように考えているのか。今後の展望はどのようになっているのか
(4) 図書館にとっての問題点はどのようなものが挙げられるか。図書館側と利用者側との意見はどのようになっているのか
(5) 盗難防止の機材を導入している図書館が多く見受けられるが、本市における見解はどうか

3 平成24年度当初予算について
(1) 国民健康保険に対する一般会計からの繰出金はどの程度と考えているのか
(2) 国民健康保険税の値上げは検討しているのか
(3) 黒字経営になったとされる市立病院の2次救急に対する負担金をどの程度と考えているのか


松本議員

1 市民と行政が心を通い合わせ、協働することによって持続可能な都市経営に取り組んでいくための行動指針「わらび地域力発揮プラン」について
(1) 更なる地域力の創造について
@
地域社会のきずなを深めるコミュニティ活動について
A NPO・ボランティア団体等と築く新たな協働関係について
B みんなの参加で市民活動をはぐくむ環境について
(2) 職員の知恵と力の発揮について
@
市民と心通わせ、市民と共に行動する職員について
A やる気みなぎる少数精鋭の市役所について
(3) 自律した行財政運営について
@
計画的で透明性の高い行財政について
A 多角的な手段で確保を進める財源について
B 選択と集中で市民ニーズを捉える行政サービスについて